癌と言われて思ったこと

2015/03/30(月)20:38:19

私でよかった

旦那や子どもたちじゃなくてよかった。痛い思いをするのが痛みに強い私でよかった。
両親や祖母や義両親たちじゃなくてよかった。年齢が上がったほうが予後が悪いというので、若い私でよかった。
B’zの稲葉さんじゃなくてよかった。手術して大きな声や高い声が出なくなって困る仕事じゃなくてよかった。
癌というだけで不安になる人じゃなくてよかった。
ほかのだれでもなく、前向きで、楽観的でいられる私でよかった。

でも、旦那には大きなものを背負わせてしまって、申し訳なく思っています。
結婚するということは相手に自分の人生を背負わせてしまうことだと改めて感じました。
パートナーがいるということは精神的にも、肉体的にも、経済的にも支えてもらえるということなので、
結婚していてよかったと思います。
続きを読む


癌の告知

2015/03/28(土)23:39:37

生命保険の診断書ができてない…

退院が決まった日に生命保険や傷病休暇などの診断書を提出していたのにも関わらず、
2週間後に取りに行ってもできてなくて、
「先生、外来休みの日があるって言ってはったし、忙しいんかなあ~。お医者さんて大変やもんなあ」程度に思ってました。

会社に育児休業の書類を送らないといけなかったので、
傷病休暇の書類もついでに送りたいねんけどな~、まあしゃあないかあと軽く受け止めていたんです。

ちなみに育児休業給付金と傷病休暇手当は同時に受給できます。
支払う機関が違うからだそうです。
産休中は傷病手当金はもらえません。
出産手当金と傷病手当金は健康保険から捻出されていますし、
使用者は産後8週(医師が認めた場合は6週)の女性を働かせてはいけないと法律で決まっています。
出産手当金と傷病手当金両方が受給できる場合は出産手当金のみ受給できます。

育児休業給付金→雇用保険
出産手当金→健康保険
傷病手当金→健康保険

私のようなケースは少ないだろうけど、
育児休業中に妊娠して悪阻などで入院したりする場合ももらえる場合があるそうです。

退院後、初めての診察

退院から3週間。
診察が午前中だったので、上の子二人を保育園に、下の子を母に預けて病院へ。

時々思うけど、開業医の産婦人科(分娩施設があるところとか特に)に併設してる託児施設を
総合病院も作って欲しいです。
看護師向けの託児施設がある病院はよくあるけど、患者向けは産婦人科以外では聞かないなあ。

朝早めの時間だったので、さほど待たずに診察室へ呼ばれました。

先生は少し真剣な顔で
「やっぱり早めにとっちゃって良かったですね。取った腫瘍の中にがん細胞が見つかりました」

生検が終わった私の腫瘍の写真を見せてくれました。
…なんだか、大きい梅干みたい(笑)

「病名は『濾胞癌』です。甲状腺がんの80%以上は乳頭癌で、濾胞癌は10~15%と言われているけれど、個人的な経験では10%以下だと思います。なので、少しマイナーな癌ということになるね」
先生は「ろほう癌」と「Follicular thyroid cancer」と紙に書いてくださいました。

今後の治療

「今後、治療を追加した方が良いと思います。まず、甲状腺を全摘して、それからヨード療法をした方が良いです。
お子さんもまだ小さいし、再発や転移がわかったところで全摘するという選択肢はあるけれど、早めに全摘するのをお勧めします」

家族はきっと迷わず全摘をすすめるけれど、手術日は私の一存では決められません。
誰か一緒に来てもらったらよかったなあ…。

生存率

「濾胞癌の10年後の生存率は90%以上あるので、すぐ心配することはありません。
なので、早めにしっかり治療すれば大丈夫」

年齢が上がるにつれて、予後が悪くなると言われていますが、まだ私は30代前半。
乳頭癌に比べて少し予後が悪いと言われていますが、
それでも90%以上。

母は私が14歳のとき、5年後の生存率が50%、10年後は20%と言われましたが、
21年たった今まだ生きてます。

90%だったら、全然大丈夫!


首の傷口隠し

2015/03/28(土)22:16:11

ネックウォーマーを作る決意

退院後、しばらくはタートルネックの服を着ていたのですが、
気を抜いたら見えちゃったりしてたので、
とりあえず春先まで使えるネックウォーマーを作ろう!と思い立ちました。

ネットでいろいろ調べたものの、なんかグッとくるものがなく、
手芸マスターの母(家庭科の教員免許持ち)に相談しながら、材料を選定しました。
続きを読む


退院後の生活

2015/03/27(金)16:22:24

保育園へお迎え

退院前日に、「明日保育園にお迎えに行ってあげるからね!」と娘たちと約束してしまって、
いつもより少しだけ早めにお迎えに。

先生方やママ友にはめっちゃ心配されたけど、フラフラしながらもなんとか生きてます状態(笑)

お迎えに行って、園庭で遊んでいる長女を大きな声で呼ぼうとしたけど、…出ない
仕方ないので、長女の友だちに呼んできてとお願いしてなんとか事なきを得ました。

帰る途中、いつも歌いながらかるのですが、やっぱり高い声が出ない
ファルセットはほとんど全滅。

高い声を出そうとすると、声が割れます。

もともと声の低い私の場合「ファ」の音あたりからファルセットになるのですが、
レ、ミのあたりも声が割れます。
たぶん、出しやすい声もラあたりだったのが2音くらい下がってます。

ちなみに、家にかかってくる迷惑電話ですが、
「奥様ですか?」と聞かれて「いいえ」(両親と同居のため、旦那の名字の名前を出さない限りは奥様じゃないことにしています)と答えると、
「ご主人さまですか?」、「息子さんですか?」と聞かれるようになりました。
無礼千万すぎる。どう考えてもおかしくないかなあ。

体調

退院後しばらくは末娘と一緒に昼寝をしたりしていました。
頭が痛くなることはなかったけど、
やっぱり本調子じゃない気がしていました。

先生に「退院後フットサルをしてもよいですか」と聞いてみたところ、
「ヘディングしなければいいけど、一応次の診察まではダメ」との回答をいただいていたので、
フットサルは自粛。

手術前に「手術や術後は出産なんかより全然楽ですから」と先生に言われていました。
出産は骨格も変わるし、ホルモンバランスも劇的に変わります。
甲状腺を半分とるのは確かにホルモンバランスもさしてかわらないし、
子どもに授乳するわけでもないし、確かに楽かも(笑)

まあ、私にはまだ乳飲み子が一人いるんですけどね!