内分泌内科卒業!

2016/11/25(金)20:33:34

甲状腺シンチの結果

仕事を何度も休むのが嫌だったので、
ヨード治療後しばらくは出社するなと言われている間に内分泌内科の予約をとっていました。
甲状腺シンチの結果を聞くためです。

もとは耳鼻科(耳鼻咽頭科・頭頚部外科)でかかってて、
ヨード治療のために紹介されて内分泌・代謝内科にかかっています。

今回、かなりしんどくて、倦怠感もひどく、風邪気味で処方されたPL飲んだら1日18時間くらい寝てしまったりして、
次の治療はもうしたくないという気持ちでいっぱいでした。
したくなくても、しなけりゃ治らないし、早めにしたほう良いのはわかっているけれど、
子どもたちの予定もあるし、やるなら再来年の2月か3月か…と鬱々と考えたりしながら、
妹宅から病院まで1時間半くらいの道のりをうだうだしながら乗り継いでやってきました。

妹宅は早めに出たはずなのに、病院についたのは予約ちょうどぐらい。

待ち時間もなく、すぐ呼ばれました。

先生に「体調はどうですか~」と聞かれた(入院中から風邪気味だった)ので「うーん、まずまずです…」と正直に答えておきました。

先生が「これは去年の甲状腺シンチ」と去年の検査結果を見せてくださいました。

首は真っ黒。
肺に点在する丸い影。
あとは膀胱が黒く映っています。
黒い小さい点がたくさんありました。
去年の私はまだまだたくさん小さい転移があって、1年間やっぱりサイログロブリンが下がりきらなくて、転移はまだわずかながらありました。

そして「これが今年の」と今年の検査結果を見せてくださいました。

目立つのは唾液腺と喉、胃、膀胱。だけ。
ほんの僅か、見てもほとんどわからないレベルで肺に黒い影があるそうだけど、
今回の治療で消えてしまうでしょうとのこと。

先生は「本当に治療がよく効いています。何度も何度も治療しないといけない人もいるけれど、今回で終わりでよいと思います。治療前の目いっぱい癌が活性化した状態でもサイログロブリンはわずか。おそらく、この治療できれいになると思います」と。
もともと、年を取ってるより若いほうが、乳頭癌より濾胞癌のほうが効きやすい、つまり私はすごく効きやすい部類と聞いていました。
が、10年間毎年やる人もいるとか、1回で終わるほうが稀でほとんどの人は何度も受けると先生に聞いてもいたので、
下の子が小学校に入るまでくらいまでには…とか、上の子が中学に入るくらいまでには…みたいな気持ちでいたのですが、
あっけなく2回で終わるとは…!

そして「おめでとうございます。内分泌内科は卒業です

今後は耳鼻科でサイログロブリンの値を観察していく感じになるそうです。
次の耳鼻科の診察は1月。

それまでにもらった検査結果をスキャンしてアップしたいと思います。
まだ妹宅にいるので、12月になって自宅に戻れたら。。。

ちなみに、長女がインフルエンザを発症。次女・三女にうつっていないことだけを祈るばかりです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください