がんと宗教

2017/08/01(火)23:39:20

それでもサイログロブリンは下がりきらない

1月の検査でサイログロブリンが1.7
昨年11月のヨード治療で下がりきるだろうと思ってたのに
7月の検査でもまだ1.4

微量ながらほとんど下がってません。
まだどこかに甲状腺の細胞があるんだけど、どこかわからないし、とりあえずは積極的な治療は終了で、
ひたすら毎日チラーヂンを飲み続けるだけのTSH抑制療法ですごくことになりました。

ちょっと気持ち悪いけど、どうってことないさ。

それよりも、健康診断で胃にポリープの疑いと出たため、9月の終わりに胃カメラをすることになりました。
初めての胃カメラ。ビビリなんで、麻酔してもらうことになりました。。。

私と宗教

私は卒業論文も、修士論文も宗教がらみの論文(どちらも日本人の死生観がテーマ)だったので、自らの信仰について振り返る機会が人よりは若干多いのではないかと思うのですが。。。
信仰と申しましてもこれこれこの宗教のこの宗派の信徒ですねんと公言できるような信仰もなく、
手あたり次第気になった寺社仏閣に行ってみるとか、古墳に思いをはせてみるとかいう程度のものです。

ただ、どの宗教が優れていて、どの宗教が劣っているかという議論は馬鹿馬鹿しいし、意味の無いことと思います。
個人的にはキリスト教系の教義はあまり肌に合わないんですね。ですが、キリスト教がダメだとかなんとか言うつもりはありません。
どの宗教にも良いところと悪いところがあります。信じていれば救われることもあるかもしれませんが、私自身は一つの宗旨に縛られることは今までもこれからもないと思っています。

ちなみに、母は私のことをB’z教信徒と言いますが、これは当たらずも遠からずです。

そんな感じの私ですが、宗教の勧誘が好きにはなれません。
(好きな人がいるのかって思いますが)

ものみの塔の冊子

何度かやり合ったことのある「ものみの塔」「エホバの証人」。
何度も「もう来てくれるな、冊子も入れてくれるな、私には私の信仰がある」とお伝えするのですが、数ヶ月~数年経つとやってきます。
先日もポストに入れられた冊子。
付箋がついているので何かと思えば

「家族が病気の末期を迎えたら」と書かれたページ…
続きを読む


内分泌内科卒業!

2016/11/25(金)20:33:34

甲状腺シンチの結果

仕事を何度も休むのが嫌だったので、
ヨード治療後しばらくは出社するなと言われている間に内分泌内科の予約をとっていました。
甲状腺シンチの結果を聞くためです。

もとは耳鼻科(耳鼻咽頭科・頭頚部外科)でかかってて、
ヨード治療のために紹介されて内分泌・代謝内科にかかっています。

今回、かなりしんどくて、倦怠感もひどく、風邪気味で処方されたPL飲んだら1日18時間くらい寝てしまったりして、
次の治療はもうしたくないという気持ちでいっぱいでした。
したくなくても、しなけりゃ治らないし、早めにしたほう良いのはわかっているけれど、
子どもたちの予定もあるし、やるなら再来年の2月か3月か…と鬱々と考えたりしながら、
妹宅から病院まで1時間半くらいの道のりをうだうだしながら乗り継いでやってきました。

妹宅は早めに出たはずなのに、病院についたのは予約ちょうどぐらい。

待ち時間もなく、すぐ呼ばれました。

続きを読む


ヨード治療後 検査結果

2016/02/16(火)23:37:46

1年

しばらくぶりになりました。

右の甲状腺をとってから早1年。
癌だと告げられてからもうすぐ1年。

今年は1月から母が股関節の手術(正確には再手術)でしばらく入院となり
心身ともに不調の中、仕事も育児も家事も全て背負うことになりました。
続きを読む


1回目ヨード治療終了

2015/12/19(土)22:09:56

スケジュール

入院前

 2~4週間前:チラーヂン中止 チロナミン開始
 入院直前~2週間:チロナミンの中止(その他の薬は継続)
 入院直前:血液検査

入院

入院日(1日目):12:45頃にI131服用 内服後2時間絶食
2日目~3日目:特にやることなし 1日1回はお風呂に行くことと1日3回血圧・脈拍・体温をはかる
退院日(4日目):8:30頃に先生が線量を測りに来てくれ、それが終わったら退院可

退院後

 1日目:検査・甲状腺シンチグラフィー 検査後チラーヂン再開
続きを読む