甲状腺がんと闘う母ブログ

肺部分切除2回目 1~3日目

風邪ひいた…

入院前から何か咳が出ていて、おかしいな…とは思っていたのが
入院1日目の夕方には明らかな異常に。

熱が37℃代まであがり、黄色い痰が…。
そして、なんかおなか痛い…。

なんか全然やる気がなく、病人モード。

入院二日目には38℃近くまで上がって、
先生に手術を延期するかもとまで言われました。

手術日の朝イチの採決で手術するかどうか決めるね!と言われ、
とりあえず、手術の準備(寝る前に下剤と睡眠導入剤を飲んだり)をして就寝。

手術日当日のゴタゴタ

手術は8時15分~で、10分には部屋を出る予定でした。

水は朝6時まで飲んで良いとのことだったので、
6時ごろ、いつものチラーヂンのみ服用。
看護師さんが採血に来てくれたタイミングで熱を測ると

37.5℃

熱あるやん…。

旦那に熱あった~って連絡すると、「じゃあ仕事に行く」との返信が。

その後、研修医の先生が
「やっぱり炎症の値があるので、上の先生方と相談します~」と
言いに来てくださいました。

やっぱり手術しないんかな~と思い始めた午前8時5分。

「やっと決まったよ~。やっぱり手術するって~

時間的に旦那は家を出て、そろそろ電車に乗るころ。
急いで病院に来る旨伝え、私は急いで手術着に着替え…
慌ただしく手術室に向かいました。

そしたら、手術室の前で主治医と鉢合わせ。
「炎症の値(CRP)上がってたけど、まあ大丈夫~」

大丈夫なんかい

そんな先生の軽さが大好きです。

硬膜外麻酔が怖い

痛み止めのために背中に硬膜外麻酔を入れるのですが、
これがまあ、相当怖い。
見えないし、痛いし。

前回の肺部分切除のときもそうでしたが、
怖いです。痛いです。

でも、入れた後はとても心強いです。
入れる時が怖い…。

ちらっと聞いた話だと、硬膜外麻酔のチューブが体に残ったまま切れちゃったりすると、
切開して取らないといけないそうなので、それも相当怖いです。

できればしたくないけど、
硬膜外麻酔をすると、痛いのがだいぶましになります。

術後

ある程度は痛いですが、まあまあ元気。
結構元気です。
ブログ書けるくらいには。

おなかが減って、あんことチーズケーキが食べたいです。

先生から旦那が効いた話によると、
腫瘍はやっぱり甲状腺癌の転移だったこと、
おなか痛いのがもしかしたら盲腸かもとのことでした。

盲腸…!

術後、おなかの痛みはほぼ感じていないのですが(麻酔のせい?)
盲腸がまあまあ進んでいたのならまた手術になるのか…!?


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク